岩高トピックス

岩高トピックス

令和5年度 第2回魅力化委員会

1月19日(金) 第2回魅力化委員会を開催しました。地域の委員さん4名,生徒16名,教職員7名で今年度の取り組みを振り返り,次年度の計画について確認をしました。今年度の取り組みについては,委員さんからは地域の方々から岩出山高校の活躍が大変好評であることが伝えられました。地域の活動に例年以上に参加し,地域の方々からも岩出山高校の活動が見やすかったのではないかと思います。今後も地元から愛される岩出山高校を目指していければと思います。

今回の魅力化委員会では,先日修行してきたカフェ活動をお披露目しました。参加者全員にコーヒーやココアを振る舞い,修行の成果を見ていただきました。

  

大崎市福祉協議会岩出山支所へ募金寄贈

1月18日(木) 能登半島地震に被災された方々に向けて,校内で取り組んできた募金活動で集まった義援金を大崎市社会福祉協議会岩出山支所の会長さんに生徒を代表して,生徒会長,副会長から寄贈を校長室でしました。私たちの「善意」が能登半島地震で被災した方々に届けばと思います。今回,生徒,教職員,同窓会の善意で集まった義援金は総額 33,190円 となりました。早く能登半島地震で被災された方が元の生活に戻れるよう願っております。

 

1・2学年 SPI講座

令和6年1月17日(水)1・2年生徒を対象としたSPI講座を実施しました。ライセンスアカデミーから講師を招き、丁寧にSPI対策をしていただきました。生徒は進路選択を広げるために集中して講座に臨んでいました。進路達成に向けて、コツコツと準備をしてほしいと思います。

 

週刊かほピョンプレスで紹介されました!

1月14日(日) 週刊かほピョンプレスに本校の「岩出山小学校読み聞かせ」の活動が紹介されました。SDGsの「質の高い教育をみんなに」との関連で紹介されています。本校では,継続して取り組んでいる活動になります。下記の画像から記事にリンクを設定しますので,どうぞご覧ください。

能登半島地震募金活動

1月13日(土) 能登半島地震で被災された方々の力になろうと岩出山高校,岩出山中学校,大崎市社会福祉協議会岩出山支所が協力してあ・ら・伊達な道の駅で募金活動を行いました。寒い中でしたが,来客した県内外のみなさまから多大なる募金を気持ちよくしていただきました。募金の際には,「ごくろうさま」と声をかけていただき,高校生,中学生共に頑張ってきました。校内でも15日から17日まで生徒会を中心に募金活動を行います。東日本大震災でいただいたご恩を少しでも被災された方々の力としてお返しできればと考えています。

13日の活動で募金された金額は 18万7,590円 となりました。社会福祉協議会を通じて,石川県に義援金として送らさせていただきます。ご協力いただきました皆さまありがとうございました。

 

活動の様子を14日付けの河北新報にも紹介されました。機会があればどうぞご覧ください。 ※「河北新報」という文字をクリックすると記事にリンクされます。